カオール プレスティージュ デュ マルベック / シャトー ラマルティーヌ(Cahors Prestige du Malbec)

フルボトル
税込1836円

ボリューム感はあるが飲み口の良いリーズナブルなワイン

カオールの赤ワインは、マルベックを主要品種としていて、「黒ワイン」といわれるほど色の濃いワインが造られます。一般的には濃厚でクセがあり、若いうちは荒々しさがあるといわれますが、近年はクセの無いワインが多く、柔らかさを持ったワインが多いようで、実際、僕はカオールは好きでよく飲みますが、どれも濃厚ですが飲みやすい印象です。

今回のカオールも、濃厚でまだ若いですが、変なクセは無く、手軽で美味しいカオールだと思います。

濃い色調に強い香り、程よいコクと渋みに滑らかなボディ

色は「黒ワイン」というようにとても濃く、照明にあてても透けないほどです。

香りは強く、なめし革と言われる香りに始まり、花の香りが広がります。ややスパイシーな香りとナッツのような香ばしさもあります。

テイスティングは2012年でしたが、まだ若さを感じる酸味が際立ちますが、強すぎない渋みとまろやかな果実味とコクがあるので、イヤな感じはありません。もちろん、もう少し熟成させるか、デキャンタージュした方が美味しく飲めるとは思います。

文章で書くと、玄人好みのワインな感じがありますが、カオールのワインは経験的に、赤ワインが好きな人なら比較的万人受けするワインだと思います。
恐らく、果実味がしっかりしている割には甘さを感じず、コクに膨らみがあるように感じるからではないでしょうか。それぞれの味がしっかりとあり、飲みやすいけど飲み応えのあるコク、そんな印象がカオールのワインにはあります。

フレンチのメインや煮込み料理に

料理に合わせるならフレンチやイタリアンの肉料理、ソースのしっかりした牛肉や若干甘みのある煮込み料理、デミグラスソースやマスタードソースの肉料理などはとても合いそうです。

また、酸味もあるので、甘酸っぱい味付けの料理などにも良いかもしれません。濃いめの色合いのソース料理ならだいたい合わせることが出来るでしょう。

このワインに限らず、カオールは比較的リーズナブルでしっかりしたコクのあるワインが多いです。
肉料理に合わせるのも良し、チーズを軽くつまみながら飲むも良し、ワインだけで楽しむも良しと、ワイン好きが気軽に、でも赤ワインっぽい赤ワインを飲みたいなんて時には是非カオールを!

フルボトル

銘柄 カオール プレスティージュ デュ マルベック
生産者 シャトー ラマルティーヌ
産地 フランス カオール
品種 マルベック80%、メルロ20%
容量 750ml
価格 1700円(税込1836円)